BLOGROLL

2017/11/05

Legend Never Die - SSGそしてAmbition

前の記事(先に読んでください)

1 : http://thiszerojp.blogspot.kr/2017/11/legend-never-die-ambition.html

2 : http://thiszerojp.blogspot.kr/2017/11/legend-never-die-samsung-galaxy.html


2014年を制したSamsung、しかしその原動力と言える選手とコーチがいなくなったのはつらいです。残ったのは元々Samsung所属プロゲーマーだったチェ・ウボム監督(元はコーチでしたが2015年からは監督になりました)。当面の問題は3ヶ月以内に開催されるLCKに向けて戦力を集めること。

(選手時代のチェ・ウボム監督。2004年)

(Worlds決勝先日インタビュー中)

なんとかアマチュア3人とプロ2人を入れてLCKに参加することはできたSSG、シーズン前にBO2で行われた練習試合では0W1L3Dで見た目はよくない結果でしたが個人技がSKT T1の次に来るほど優れていると評価されて内容面ではかなりの上出来でした。


しかしシーズンが始まってから経験の少なさによる弱点がたくさん出てしまい、2014年の覇者が2015年春シーズンでは最下位を記録し入れ替え戦に落ちる屈辱を味わってしまいます。夏シーズンでは今も活躍しているCrownを含めミッド1人、サポート1人を補充し、個人技面ではかなり強化されたが未だ後半の運営面では発展が遅れてるようで上位圏には上がらず6位でシーズンを終えます。

(2015シーズンのSSG。今はCuVeeとCrown、Wraithだけが残っている)


2015年シーズンが終了してCuvee, Crown, Wraith以外の全メンバーがチームを抜けてNAのDignitasにいたADC CoreJJと台湾チームにいたStitch、CJのサブTopのHelper、そしてAmbitionを入れて戦力を補強します。Shot Calling(韓国ではふつう「オーダー」と言いますがここでは以後「コール」と書きます)ができて経験豊富のAmbitionですが昨シーズンの終わり方が最悪だったので今シーズンSSGの見どころはAmbitionが立ち直れるかどうかであるとの評価が支配的でした。



そして結果は皆さんも御存知のようにWorlds準優勝、そして今年同じメンバーで王者SKTを破り世界制覇を達成しました。世界中のたくさんのLOLファンの方々が思う「Legend Never Die」の主役はSKTのはずですが、SSGもそれに負けない、ある意味ではSKT以上に「Legend Never Die」にふさわしいチームだったと思います。

1世代のレジェンドプレイやー、しかし今は地に落ちたと言われた古い選手。
世界制覇から最下位にまで落ちてもう過去の栄光などないと言われたチーム。

まるで少年漫画のようなストーリーだと思いませんか。

2017/11/04

Legend Never Die - Samsung Galaxy

前の記事(こちらを先に読んで下さい)
http://thiszerojp.blogspot.kr/2017/11/legend-never-die-ambition.html

リーグ・オブ・レジェンド(以下LOL)の前にも韓国にはたくさんのEスポーツ競技があってたくさんのチームがありました。その中心にあったのがスタークラフト(以下スタクラ)のプロリーグで、すでに多数の大手企業がチームを作り大会を行っていました。今日Worlds優勝で世界王者となったSamsung Galaxyも、その前から王座にいたSK Telecom T1もみんなスタクラ時代からチームを運営した企業です。しかしスタクラ大会がなんだかんだの理由で衰退し韓国Eスポーツ大会の中心がスタクラからLOLに移動する気味になってからスタクラチームがLOLに興味を持ちます。最初に行動を開始したのがLCK Winter 2012に参加したCJとKT、CJの場合最初は直接メンバーを集めてチームを結成しますがLCK Winter終了後、当時最強チームだったAzubuを買収します。そしてLCK Spring 2013は密かにチームを組んでIEMを優勝してきたSKTも参加します。Samsungは他に比べて結構遅れてからLOL界に参加します。KT, SKT, CJを次々に破りLCK Spring 2013を優勝したMVPを買収してSamsung Galaxy Ozoneと言うチーム名でWorlds 2013に出場することになりました。つまり「Samsung」としての初陣はLCKじゃなくてWorldsでありました。

(春シーズンでKT SKT CJを勝ち抜いたスーパールーキー)

しかし彼らはWorldsに参加した韓国チームの中で最悪の成績であるGroup Stage脱落を記録しました。練習と準備があまりにも足りなかったのが理由だそうです。特にLCK Spring MVPだったDadeがグラガスで最悪のスキルショットを見せたのは今もたまにファンの間で叩かれます。





Worlds終了後に行われたLCK Winter 2013で準優勝(Ozone)、LCK Spring 2014優勝(Blue)と3位(Ozone > Whiteと改名)、LCK Summer 2014準優勝(Blue)と3位(White)を記録し兄弟チームが揃ってWorlds進出を決めます。そしてSamsung Whiteが圧倒的な実力を見せつけてWorlds 2014を優勝、1年前の汚名をすすぐことに成功します。まさしく2014年はSamsungの年だと言っても過言ではないほどでしたが幸せはそう長くもちませんでした。Samsung White, Samsung Blueに所属していた選手とコーチがほとんどチームを抜けてしまうんです。元々Samsungはスタクラ時代から選手への給料がそれほどよくなかったと噂されるほど福祉に関してはあまりいい噂がありませんでしたが結局それが仇になって世界王座の主役がみんな中国へ向かってしまう結果になってしまいます。それをキッカケで韓国内のLOL大会構造の改変と選手福祉の改善などが行われたので結果的にはよかったとも言えますがSamsungとしては次期シーズンをどうすればいいのかわからなくなります。

(Worlds 2014優勝Samsung White、しかし彼らは離れ離れになった)



優秀な選手とコーチがいなくなったSamsungがどうなったかは次の記事でお話します。

Legend Never Die - Ambition

本日行われたLOL World Championship FinalでSamsung GalaxyがSK Telecom T1を3:0で破り、ついにSKT Dynastyが終わりました。LCKを深く知らない海外ファンの方々はこのチームがどういうチームか、このチームの優勝がどれだけドラマチックなのかよくご存知でないと思うので久しぶりにブログで記事を書こうとします。ちょっと長めなので記事は3~4編で分けて書きます。



========================================

リーグ・オブ・レジェンド(以下LOL)が韓国にサービスを開始して2ヶ月。LOL韓国大会、LOL Champions League(以下LCK)が開幕されます。そして決勝戦はMIG Frost vs MIG Blazeの兄弟チーム対決。MIGはLOLが韓国サービスを開始する前から活動していたチームで韓国サーバーを開始する頃にメンバーを集めて2つのチームになります、最も注目されたのは元TSM出身のLocodocoがいたMIG Frostで、Blazeはチーム名がMIGなだけの新生チームのイメージが強かったんですがその印象をぶち破るようにMIG BlazeがFrostを3:0で圧倒しLCK初代優勝チームとなります。そしてその中心にいるのがミッドレーナー、Ambitionです。

(左がMIG Frost右がMIG Blaze)


Ambitionは韓国で一番安定すると評価される1世代のミッドレーナーで2013年LOL Allstar韓国代表チームのミッドとして参加するほど実力と人気を持っていましたが何故かWorldsには縁がありませんでした。2012年Worlds進出決定戦はNajin Swordに敗北して進出失敗、その後のLCK Winterでは天敵と言われるKTの登場によりQuarter Finalで脱落。2013年Springは1年ぶりの決勝進出に成功しますがMVP Ozoneに敗北し準優勝で終わります。同時にアマチュア最強だと言われたFakerのデビューと、次々と現れるスーパールーキーたちと相手し奮戦するも成績は段々と低下して結局2015年ミッドからジャングルへのロール変更を行います。

(世代交代の信号弾)


(選手としてロール変更はプライドに傷つくことかもしれないが彼は受け入れた)


実力が下がっても経験の豊富さによりオブジェクト管理に優れたプレイを見せてトーナメントからリーグ制に変わったLCK Springプレイオフに進出、相手のSK Telecom T1を2:0まで圧倒しましたが交代出場したSKTのジャングラーBengiの覚醒により2:3で逆転負けしLCK Springは3位でシーズンを終えます。しかしその敗北のせいでスランプが来たのかLCK Summerシーズンでは以前よりスキルショットを外したり、おかしな判断をすることが増えました、それに負傷まで重なってしまい再び成績がだんだんと下がって結局Worlds進出にまたまた失敗、2015年シーズン終了後、所属チームとの契約が終了されSamsung Galaxyに移籍します。


今日はこれまでです。次の記事ではSamsung Galaxyがどういうチームなのかを書きます。